2017年12月07日

賢竜杯Xii 前日予選 (C)闇鍋トーナメント

(C)闇鍋トーナメント(Max80→10)

出題ルールと「ライバル」が直前までわからない個人戦。
開始時に5組のトーナメントに均等にマッチングされ、各組を勝ち抜いた2人ずつ、合計10人が本戦進出。

トーナメント:
「ピクシー組」「セイレーン組」「エルフ組」「ケルベロス組」「ゴーレム組」の5トーナメントに参加者を均等に振り分ける。
誰がどこに入るかは直前までわからない。
別のトーナメントの参加者とは対戦せず、各トーナメント内で組み合わせの再抽選も実施しない。

出題ルール:以下の5種類のうちいずれかとなる。
(1)ピクシー組:フリー
(2)セイレーン組:完全同一再使用禁止
(3)エルフ組:ジャンル再使用禁止
(4)ケルベロス組:形式群再使用禁止
(5)ゴーレム組:高火力ボンバーマン(1度使用したジャンルと形式群が再使用不可となるルール)

1回戦:各16人→8人(20試合)
   各試合 1位+2位が勝抜け、準決勝へ

準決勝:各8人→4人(10試合)
   各試合 1位+2位が勝抜け、決勝へ
3位、4位に勲章授与
(「勲章」については、●(D)早抜けローリングバトルを参照)

決勝:各4人→2人(5試合)
   各試合1位+2位が本戦進出
   3位、4位に勲章授与。
(「勲章」については、●(D)早抜けローリングバトルを参照)

●形式群の定義

セレクト群:○×,四択,連想
パネル群:並べ替え,文字パネル,スロット
キーボード群:タイピング,エフェクト,キューブ
マルチセレクト群:順番当て,線結び,一問多答,グループ分け
ランダム群:サブジャンル1,サブジャンル2,サブジャンル3,ランダム

●「完全同一再使用禁止」ルールの定義

本ルールが適用されている各予選において、仮に自身の1試合目に「芸能・四択」を出題した場合、
2試合目では「芸能・四択」のみ出題禁止となるルール。
「芸能・連想」や「社会・四択」など、ジャンルか形式の片方が重複している出題は可能とする。
またランダム群の各クイズは、本ルールにおいては全て別個のものとして取り扱う。
例えば1試合目で「スポーツ・サッカー」、2試合目で「理系学問・生物」、3試合目で「スポーツ・ランダム」といった出題は可能である。
本ルールが適用されている種目では、以上の出題制限を最終試合まで累積させる。

●補足事項
・出題難易度に制約は設けない。
・対戦相手と席順は、1試合目のみ自動抽選。残りは持ち上がりによって決定される。
posted by D-Pro at 22:00| 当日予選・前日予選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする